<   2015年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

CAM of day 1


 久しぶりにカメラを持っていろいろ出かけてきました。

 最近行きつけのキタムラ
 トキワカメラ
 BICカメラ
 キヤノン梅田サービスセンター
 ヨドバシカメラ

 と回った場所もカメラ三昧。
 
 相棒はX-E1に久しぶりの 「さらにもうひとつのZeiss」 Frektgon35/F2.4です
 このレンズ 古いですがシャープですし、ZeissのMCプロテクター(SONY版)を着けると
 さらに雰囲気が増します。
 
 で、いろいろ聞いてきたので小分けにしながら写真と一緒に載せていきます。
 久しぶりに出かけて結構いろいろ撮れたので現像もちょっといろいろいじりました。
 掲載写真はすべてLRと時々NikやDxOFilmpackなどで弄ってます。


f0238186_23143307.jpg
『境界』

 1.キタムラにて
 ・Planar50ZEをいじくって来ました カメラは7Dmk2
  想像通り開放のMFは結構シビア(でも7Dよりだいぶ見やすい気がする>mk2)
  開放からF2.4くらいまではかなり緩い ここが以前から個人的には苦手な傾向 もうちょっと芯がほしい
  ただ、絞っていくとかなりシャープに。そして発色もかなり派手目です。
  →いったん保留。 たぶんマクロのほうがやっぱりむいてるかも・・・。

 ・EF100-400(前型)があったので触らせてもらいました。
  初めて直進ZOOMを体験・・・三脚坐がZOOM時に激しく邪魔w 右側に向けました。
  さすがに古いのか300mm以降は甘く、またISの効きもいまいちでファインダー像もぶれますね。
  →ということでこっちは特に食指動かず(動いても困るが・・・別のものが・・・)


[PR]
by saxan2010 | 2015-01-31 23:15 | Comments(4)

カウチ

f0238186_23533393.jpg
父は君の将来が・・・ちょっと心配だ

7Dで撮りためたやつですが・・・大分に旅立って2週経ちましたがまだ戻ってこない(ぅ
来週半ばになる見込みです。


[PR]
by saxan2010 | 2015-01-30 23:54 | Comments(2)

TP32フレア検証 vol2

 TP32フレア検証について。
 本日、あまり時間がとれませんでしたがちょっと撮影してきました。
 薄ぐもり気味だったのですが 時々明るい日差しも出て一応テストできました。
 
 先に結論から述べると
 
 レンズ要因でのフレアは出なかった
 
 です。
 ちょっと言い回しが微妙なのはこれから説明しますね。
 
 以下3枚 手持ちで多少ずれていますがおおむね同じものを撮っています
 太陽光は画面左上隅方向から射しています。
 
 
f0238186_21321794.jpg
 ①F3.2 SS1/750
 全体的にちょっと白とび気味です
 
f0238186_21322033.jpg
 ②F3.2 SS1/1100
 0.5段くらいSS=露出が異なります こちらはまあ適正に近い
 
f0238186_21322366.jpg
 ③F1.8 SS1/2700
 同じ位置で開放で撮ってもSSが振り切れるわけではない(MIN1/4000) ②と同じくらいの露出


 これ、①枚目は撮影時に画面下部の石段?部分からパンして撮影しています。

 下のほうからなので左上の太陽光の影響は少なく、暗い感じの石段にAEされています。
 それを上に移動して撮影するとき 「AE測光が追従しきれず」 もう少し暗いのが適正と判断完了しないうちに
 シャッターを切ったのでこうなりました。
 
 X-E1ですがこのような場合、1.5secほどAE安定するのにかかります。
 なので、ちょっと蔵っぽいシーンから被写体に追従するためにカメラをパンして撮影し、そこに光源が入った場合は
 こうなるようです・・・
 
 ・・・って当たり前かもしれませんが(^^;
 結局14さんの作例のような右側局所的なフレアは出せませんでした
 
 14さんおよび前に載せたblog記事では右上の光源ということで色々太陽の位置も変えましたが、
 左上のこの位置が一番顕著に出ました。
 
 う~ん なんでしょうね。。。
 
 
 PS.X-E1はもうこのレンズが固定されているような状態、さしずめX100ならずX-EPみたいなもんです。
 それほどすばらしい。

f0238186_21353679.jpg
X-E1/TP32(開放F1.8)



[PR]
by saxan2010 | 2015-01-25 21:36 | Comments(7)

TP32フレア検証 vol1

14さんが、Touit32で逆光で撮るとフレアが出やすい? ということで作例をいただきました。
僕の中ではそんな印象はないので、いったん過去の撮影結果からそれっぽいものをピックアップします。
また 週末改めて確認してみます。

f0238186_23041994.jpg
X-E1/TP32
絞り F4  SS 1/1800  ISO 400
これが一番強烈な作例かな・・・気になるほどフレアっぽいものは感じられないと思います。

f0238186_23055031.jpg
X-E1/TP32
絞り F2.5  SS 1/3800  ISO 800(DRか?)

f0238186_23082510.jpg
X-T1/TP32
絞り F8  SS 1/340  ISO 400(DRか?)

う~ん どうでしょうか?
あまり気になる現象はなさそうです。(純正フード&ZetaUV装着 設定 PROVIA  NR-2)

2重光源が影響してるのかもしれないので また調べてみます。

[PR]
by saxan2010 | 2015-01-22 15:02 | Comments(8)

レンズ考・終章

f0238186_22524177.jpg
 レンズ購入は一段落していますが、最近いろんな作例を見ています。
 今度は後戻り無いようにじっくりチェックと言うことと、もう少しいろんな写真を見ようということで。


 その中で見つけた、久しぶりに見てはいけないレンズ。


 その焦点距離自体どちらかと言うと苦手で、今まで良いと思ったレンズは2本だけ(厳密には語弊があるかも)
 LeicaとZeiss・・・どっちも相当な お幾ら万円(苦笑
 今回のも設計は結構古く、その割にいい値段がする。。。

 
 で、作例見つつ
 
 ①本命のこれ
 ②同スペックの3rdParty製
 ③①の1つ下の機種
 ④③の1世代前

 と色々比較してました。



 その中で気づいたこと。
 自分が機材に求めるものはなにか。
 
 先日のレンズ考まで、まだぼや~~っとしたものでしたが、
 今まで感じたこと、使ってきた・去って行った機材、2つのキーワード「質感」と「シズル感」、良いと思う写真の傾向
 それらの思いがようやく一つに集約されました。

 自分が求めているものは


有機物が有機的に映る事


 ここに帰結します。きっと。

 具体的には 「物の柔らかさ・繊細さのテクスチャ再現性」と「生命の温度感ある、かつ違和感のない発色」 この2つです。


 全ての生きとし生けるものに、生命の息吹を。


 そんな感じ? 完全に写実的じゃなくてもいい、程よく持ち上げてだまされるのならそれで構わない。
 自分の撮影対象からはちょっと意外でもありましたが、手元に残ってる機材や今までの言動からすると納得のいく結論。
 正直、とてもすっきりしました。ちょうど先の4本の特徴が顕著なので、余計に理解できたのかと。今後はこれを基準に購入判断します。

 まだ色々書けることはありますが、長くなりすぎるので一旦ここまで。
 

#そうなると 先のは ①>>④>>>②=>③ の優先度になりますね。
 ちなみに価格は概ね①>>②>③>>④ですw なので①に届かなければ④かな。
 (ってここまで書いて、通勤帰りに作例見ましたがやっぱり① 一択かも・・・)
 巷で圧倒的に評価が高いのは②ですが、そういうのは気にしないです。
 さて、①とはいかにw

[PR]
by saxan2010 | 2015-01-21 22:55 | Comments(5)

仮面ライダー・・・?

f0238186_22504822.jpg
K-3/DA18-135WR

坂道をゆく~~


K-3で使うとレンズが生まれ変わる。

という持論をもとに、防湿庫においてあったDA18-135WRを引っ張り出しました。
このレンズ 簡易防滴なのでそういう状況用に置いてましたが、K-7の頃はいかにも便利ズーム的な画質だったので
普段は全然使っていませんでした。

で K-3で使うと・・・





More
[PR]
by saxan2010 | 2015-01-20 17:50 | Comments(2)

現像ソフト2

 で、先日比較した高感度のデータを現像してみました。ISO1600のデータです。
 K-3と比較なので画素数が異なるため、双方等倍ではないですが、概ね同じ画角にしています。

f0238186_22250246.jpg
 7D/70-200F4L(70mm) JPEG
 
f0238186_22250638.jpg
 同上(DPP RAW現像:DLO&多少のシャープとNR)
 
f0238186_22251089.jpg
 (参考)K-3/FA77Limited  JPEG


 ぜんぜん違う。DPP(というかDLO)を使う意味が分かります。

 そしてK-3のJPEGはやはりすごい。まあLとは言え、PENTAXのFA Limited単と比較しているのはあれなんですけどね。
 各メーカー使ってきた感じのJPEGの質(=自分として撮ってだしで使えるバランスか否か)は
 
 FUJI>=PENTAX>Panasonic>SONY>CANON
 
 な印象。もちろん機種にもよります。今のDIGICは分かりませんがローパスレス機がないので、DLO前提になっているのかも。
 JPGEがこれだけ甘いと線がにじんで太いのでピントがずれてるのか分からない気がします>自分もそう。なので一旦調整。
 

 あと、このソフトすこぶる重い。 DxOが大概重かったのですが倍くらい。
 1枚現像するのに私の環境では1分弱かかります(Core2Quad 2.5GHz)
 かなりCPUを食うらしく、i7とかその辺の導入を考えたくなる。 Macminiもあるのでどの位違いがあるか一度試してみます。
 秋にHDDクラッシュしたのを復旧したばかりで、当面PC自体を買いかえる気はないし、なかなか辛い。

 なんかいい方法ないですかねぇ。。。 LRで極めたらいいのか??(苦笑
 まだそんなに現像しない立ち位置なのが救いですが。


[PR]
by saxan2010 | 2015-01-19 22:26 | Comments(3)

現像ソフト

 
f0238186_21445026.jpg
 7D/70-200F4LIS/DPP

 PENTAX/SONY/FUJIとやってきて、RAW現像も多少はやってきました。

 がこれらのメーカー 純正ソフトはSilkypixの専用簡易版とかもっと簡単な感じで
 正直使いにくい・・・

 なので自分は基本Lightroomを使い、サブ(特にSONY)ではCaptureOneを使っていました
 (Silkyは現像結果やI/Fが合わないので使わない)
 
 ただ、CANON/NIKONのユーザーは結構純正のRAW現像ソフトを使っているようで
 何故だろう? と長年思っていました。
 
 まずNIKON:Capture-NX に関しては少し前に理解しました。
 今は違うソフトになっていますが、元々の機能:領域選択による調整 がすこぶる便利であることがその理由だと。
 逆にLightroomに連携させたNikCollection:Vivezaで似たようなことができ、使っていますがとても便利です。
  
 で、CANON。DigitalPhotoProfessional(DPP)と言うソフト。 無料なので見た目そんなに凝ったようにも見えず。
 何故このソフトを使うのか・・・。
 
 使ってみてわかりました。 DigitalLensOptimizer。 これが全て(と思ってる)
 発色・歪曲・回折・ローパス影響・シャープネスなど演算で補正。
 レンズ・画像エンジン・撮像素子を一気通貫で作ってるメーカーの強みを実感しました。
 基本等倍では甘めのDigicのJpegもRAW現像したら化けます。 正直これを使うのと使わないのとで細かい画質はかなりの差が。
 なので、純正しか手を出したくないのもあり・・・まさにCANONの戦術にはまっている。

 あと「CANONは人に、NIKONは風景に向く」 とよく言われますが、7Dについてはポートレート用途では
 picture設定はポートレートではなく忠実設定が好みです。
 CANON機でPHOTOスタジオで撮ってもらった感じの画になる気がしています。(今日のも現像時に変えました)


 次回に続きます。


#CANONは本日 全機材をSSへ一旦送りました。 厳密にピンと調整してもらいます。

#仮面ライダードライブに出てくるマッハの人が使ってるカメラが7Dか7Dmk2に見えます。
 CANON中級機なのは間違いない(SUBダイヤルがCANON)し、ペンタ部が前に長いのでフルサイズでもない。




[PR]
by saxan2010 | 2015-01-18 21:46 | Comments(4)

Ying Yang

f0238186_23150775.jpg
7D/17-40F4L/DPP

見えないから闇を恐れる。
でも、底が見えれば恐れるものなどない。

[PR]
by saxan2010 | 2015-01-16 23:16 | Comments(5)

Message for You

f0238186_22313043.jpg
7D/EF70-200F4LIS/DPP

しばしば迷い袋小路にはまる日々。
空虚感と葛藤し、追い詰められたときに逃げる物欲。
それはそれで構わないと思う。
使っただけの実経験は身についただろう。

でも。

今、少し立ち止まってみよう。

その立ち居地に戸惑いも隠せないが
きっとそれを見てくれる人がいるから。


#実はもう、やりきっているというのもありますが・・・

[PR]
by saxan2010 | 2015-01-14 22:39 | Comments(4)
裏・SouthernCross